Windows 10の旧Edgeのサポート期限が2021年3月9日なので移行が必要です

更新 パソコン

Microsoft は、Windows 10 の標準ブラウザである Edge (エッジ)を、旧 Edge から Chromium 版の新 Edge へと置き換えを進めてきましたが、旧 Edge のサポートを「2021年3月9日(米国時間)」で終了するのとのことです。

Chromium版Edgeってホントに自動更新されているの? 心配なので見える化して検証
Chromium版「Microsoft Edge」は、Google ChromeやMozilla Firefoxなど他のモダンブラウザと同様に自動更新機能を備えており、最新状態に維持されるようになっています。しかし、新しいものには不具合は付きもの、Chromium版Microsoft Edgeの自動更新がちゃんと機能し...

そのため、旧 Edge を使っている場合は、Chromium 版 の新 Edge に移行するか、Windows 10 を 20H2 以降にバージョンアップする必要があります。

新旧 Edge の確認方法は、以下の記事を参考にしてみてください。詳しく解説されています。

新旧 Edge の判別とバージョン確認方法 | SEECK.JP サポート

Windows 10 20H2 は、Windows Update で提供されているので、Windows Update からアップデートしてください。

Windows 10 20H2 にせず Chromium 版 Edge にする場合は、以下のサイトよりダウンロードしてインストールしてください。

新しい Microsoft Edge ブラウザーをダウンロード | Microsoft
Microsoft Edge ブラウザーの最新バージョンの新機能をご覧ください。新しいブラウザーをダウンロードする前に、機能や特典などをご覧ください。

なお、Windows 10 20H2 にバージョンアップした場合は、標準ブラウザが新 Edge になるので、Edge の移行は不要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました